メタルボンドの終焉?

メタルボンドのブラックマージンを防ぐ金色のペーストの話です。

デグサ(現・デグデント社)の Deck Gold という製品を開業以来使ってきました。

メタルマージンの先端ぎりぎりにほんの少し塗って焼成するだけで明るい金色になります。

使う量としてはほんのわずか。

一度筆に採れば何本もメタルフレームに塗ることが出来ます。

冗談抜きにこの一瓶で一生使えるんじゃないかと思うくらい長持ちしましたが、ついにあと僅かとなってまいりました。

↓↓たぶん残りのこの量で1年以上は大丈夫と思われますが

心配なのでデンツプライ三金さんに問い合わせてみると・・

すでに取扱中止 (゜◇゜)

確かヘレウスのブレンドゴールドというのも昔あったはずと、問い合わせるとこれも中止。

大信貿易さんにもすでに在庫はないと。。。

・・・なんで???

大信貿易の営業さんによると、メタルボンド関連の市場が最近とても小さくなっているためだそうです。

ヨーロッパではメタルボンド合金の出荷量が最盛期の6分の1にまで縮小してるんだとか。

貴金属の価格は高止まりだし、金属アレルギーの問題もあるし

なによりオールセラミックのクオリティが年々上がってますので自然な流れでしょう。

幸い、ヤマキンさんから現行の製品がでていることがわかりました。

いよいよDeck Goldを使い果たしたらこちらを注文することになりますが

かつての審美歯科のスーパースター、メタボン様がそんなことになっているとはちょっと驚きました。

Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Pinterest Classic

© 2019 bitlab inc. All Rights Reserved.

  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Instagram Black Square
  • Pinterest Black Square